日本インターネット書道協会
>> 書道の歴史 >> 書道人物事典 >> 草書の早覚え法
草書の早覚え法
偏と旁の組み合わせを、他の字体も合わせてご覧になれるので便利です。 執筆:田辺甲峰


今日草書とは、現代の生活の中ではなじみが薄く楷書、行書などとは異なり形を一見にして理解するのは非常に困難です。 しかし、偏や旁の形をそれぞれ的確に覚えることにより多くの文字を学習することが出来ます。
本コーナーでは、偏と旁のそれぞれを、楷書、行書、草書の順に記してあります。
必要にあわせて組み合わせ、草書を学習する上での手助けとなりますと幸いに存じます。
偏 など
 
 

※それぞれをスクロールし、調べたい文字を合わせてください。
▲ページのトップへ戻る
© Copyright Japan Internet Shodo Association (JISA). All Rights Reserved.
日本インターネット書道協会