作品と鑑賞
   
第1回「中国明清の書」〜名家系譜を探る〜
中国明時代〜清時代に生きた大家(文徴明、董其昌、王鐸、傅山、ケ石如、趙之謙等)の系譜や芸風の一族を丹念におって作品を展示しております。ユニークな発想で初めて紹介される作家や作品がいくつもあります。展覧会内は、「系譜図」と「作品一覧」で見ることができます。
(作品点数:72点)
   
 
第2回「呉昌碩年齢別作品展」
1997年、呉昌碩逝世70年の節目の年に、呉昌碩の全年齢の作品を各年代順に網羅するというコンセプトのもと「呉昌碩年齢別作品展」が行われました。今年2004年は呉昌碩生誕160年の年にあたり、これを記念して、6年前の「呉昌碩年齢別作品展」をWEB上で再度、展観します。詩書画篆刻の四絶を極め、近代最後の文人と称される呉昌碩の作品を御覧ください。
(作品点数:93点)
   
 
第3回「日本の古筆」
古筆というのは、古人の筆跡という意味ですが、現在では平安時代から鎌倉時代の初期にかけて、おもに和歌を書いたかなの筆跡をこのように呼んでいます。書写されている紙の種類も実に多種多様です。この展覧会では、「伝藤原公任筆本願寺本伊勢集」「藤原定信筆戊辰切本和漢朗詠集」「藤原俊成筆昭和切本古今集」「伝藤原定信筆法華経(戸隠切)」等の画像、また、作品と作者の解説を見ることができます。
(作品点数:12点)
   
 
第4回「中国書画名品展」
この「中国書画名品展」では、清朝末期、めざましい繁栄を遂げる上海、当時の文墨界にあって滬上(上海)を拠点に芸術活動を展開した、いわゆる「海上派」といわれる文人たちを中心に展観いたします。摺扇と扇併せて展示数の約半数を占めているという点が、この展観の大きな特色となっています。清朝末期の鬼才たちが残した書画の世界をお楽しみください。
(作品点数:84点)
   
 
第5回「美しい百人一首 みやびの世界 高木聖鶴書展」
2003年の8月22日〜30日に銀座・和光ホールにて行われた、「美しい百人一首 みやびの世界 高木聖鶴書展」をWEB上で再度、展観します。繊細な仮名と、色紙・豆色紙・扇面・団扇・全懐紙・半懐紙・短冊・半切といった多彩な料紙が織りなす、美しい「雅」の世界をお楽しみください。
(作品点数:72点)
   
 
第6回「中国書画名品展 青山杉雨コレクション」
青山先生の書画に寄せる眼は、単なる盲目的収集ではなく、佳なるものを佳とし、不佳なるものを不佳として鑑別する酷しさがあり、ご自分の中で妥協することを許さなかったことの実証として、過日、青山家より東京国立博物館に寄贈された、その生前収集の書に見る優れた内容に、それが語られております。「中国書画名品展」の名のもとに、明・清書画の佳品を展観し、いささか追悼の意味を表したいと存じます。
(作品点数:33点)
   
 
第7回「中国書画名品展 青山杉雨コレクション・2」
今回の展観は、1700年代(乾隆)の作家を選び、清朝帖学の三体家、劉・梁同書・王文治を中心として、その周辺となる金石派、文人的佳作を配する企画に致しました。中国の芸苑が、近代から現代へ変貌しようとする時代の書画の一面として観照して頂きたくおねがい致します。
(作品点数:47点)
   
     
第8回「中国書画名品展 −帖学派の系譜−」
清代の康煕から嘉慶にいたる間に、王羲之・王献之の二王を典型とする晋唐法帖の研究が盛んになり、法帖に見る書法を中心に晋人の風気を継承して芸術活動を展開した、いわゆる帖学派といわれる人々の書画を展観いたします。
(作品点数:52点)
   
     
第9回「徐三庚と日中の書法交流−秋山白巌・西川春洞・初世中村蘭臺を中心として」
(作品点数:26点)
   
     
第10回「漢代書法名品展」−漢碑・漢印の世界−
(作品点数:87点)
▲ページのトップへ戻る
© Copyright Japan Internet Shodo Association (JISA). All Rights Reserved.